Requires a javascript capable browser.

岐阜店
0120-852-129 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップブログ > 岐阜市W様邸 事業用倉庫屋根のカラーベスト塗装工事の続きになります
ブログ
岐阜市W様邸 事業用倉庫屋根のカラーベスト塗装工事の続きになります
2020年09月11日
ガイソー岐阜店のブログをご覧の皆様
店長の中嶋です。

もうそろそろ9月も中盤に入り、少ーしだけ過ごしやすくなってきましたね。
良い事ですが、さてこの時期に怖いのが何と言っても「台風」ですね、、、
数年前の台風被害の時はそれはもう、、、、途轍もない量の電話と現場に追われてスタッフ全員目が死んでましたね、、、
あの時のような事にならないよう、切実にお祈りしております(願)

さて、今回は以前ご紹介した岐阜市W様邸のカラーベストの塗装工事の続きになります。
前回ちょっと先走りで施工写真を載せておきましたが、現在はこのようになっております。

こちらが高圧洗浄後のカラーベストの状態です。
なかなかにカラーベストの塗料が飛んでしまってますね。もう真っ白です。
鉄部の雪止め金具と棟板金にはしっかり錆止めを入れておきました。ここから下塗りに入ります。
ちなみにこの状態ですと下塗り材をガンガン吸い込んでいきます。なので、今回は下塗りを2回施工します。
以前ご紹介した際に塗料が吸われてしまうと被膜形成に影響するとお伝えしましたが、この状態を見て頂ければその理由も何となく分かって頂けるのでは??と思います。



若干色が戻った??ように見えますが、下塗り材自体は無色透明の塗料を使用しています。


丁寧にヌリヌリしています。
ちなみにこの状態でも普通と比べて尋常じゃない位、下塗り塗料が吸われています(汗)
下塗り1回じゃ絶対上塗り材も吸われていたので、2回塗りにしてよかったです。
そして乾燥するのを待って、中塗りに入ります(中塗りと言っても3回目の手塗になります)
今回はブラックのラジカル制御型塗料で塗り込んでいきます。


うーーん、黒々してますね。
やはりカラーベストはこうでなければ!!

カラーベストの塗膜は他の屋根材と比べてそこまで持たないため、定期的なメンテナンスが必要になります。
元々日本で使われている瓦ですが、ノーメンテナンスで少なくとも50年以上は持ちますが、デメリットとして瓦は他の屋根材と比べて重いため、地震に対して弱いと言われています。(実際はそこまで弱いとは思わないんですが、、、)
一方でカラーベストや板金屋根は瓦より軽いので、直下型地震に強く、瓦と比べても安価のため注文住宅でも分譲住宅でも人気の商品となっていますが、メンテナンス前提の商品のため、何もお手入れしないと表面の塗膜が無くなり、屋根材のヒビ割れや欠けによって雨が浸水する原因にもなります。

ちなみにカラーベストもその点を克服した商品(耐候年数30年程度)がありますが、中々に高額商品の部類に入ってきます。
一般的な目安ですが、カラーベストの定期メンテナンス(塗装)は約10年です。短いですよね、、、このことを住宅を購入されるお客様に説明して頂いていると話が早いのですがね、、、


突然ですが、夏場の屋根材の表面温度ってどの位になると思いますか?
地表あたりでは今年40℃を超える場所も出てますので、50℃位??それとも60℃かな??それとも、、、

正解は70℃以上です(汗)今年ちょっと屋根上の温度を測る機会があり、自分でも驚きました。(その時は78.2℃でした)
というのも、雨が漏れるとご相談を頂いたお客様の屋根で水実験を行ったんですが、水蒸気が出た時はビックリしました。
夏場の屋根上を歩いていると、足裏まで熱が伝わってきて皮が捲れるんですよ。
当然屋根材はそれだけの熱に耐えているんですが、これが日が沈むとどうなるでしょう??
一気に表面温度が下がりますし、表面温度は夏場でも外気温以下になります。(日中との温度差は50℃位かな??)
冬になれば日光が届かないところは凍てついてしまい、日中でも0℃にも達しない場合があります。
通年で考えると、暑いときは70℃以上、寒いときは0℃以下と、屋根上は非常に過酷な温度差のある場所ですので、その状況下で塗料が10年以上持つなんてのは中々に難しいのです。
そのため、シリコン塗料も外壁では期待耐候年数10年でも、屋根だと5年程度しか持ちません。フッ素でも外壁だと15年の耐候性商品ですが、屋根だと10年しか持ちません。

ちょっと話が脱線しましたが(毎回ですね、、、)、屋根上は過酷な環境なのです。
ですので、皆様もご自宅の上でひたすら太陽に焼かれている屋根材の事を少しだけ労わってやってください(誰目線なんでしょう??)
もしご自宅がカラーベストの屋根で、ここ最近メンテナンスしていない方、一度当店までご連絡下さい。
どのような状況なのか当店がしっかりと検査させて頂きます。勿論無料でございますので、お気軽にお電話下さい。お待ちしております。

ガイソー岐阜店 中嶋
メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!